バックナンバー

介護の有益情報

介護施設を選ぶ方法

介護施設の選び方とは

介護が将来心配なご家族

介護施設のバリエーションも増えて、昔は老人ホームと言われていた介護施設も特別養護老人ホームや老人保健施設、有料老人ホームなど様々な種類があります。前記の2つは要介護認定が必要なため、元気なお年寄りには入居することができません。ただ、ご家族で将来両親が心配だという人も多いでしょう。有料老人ホームは誰でも入ることが出来るのですが、設備などが良ければ良いほど費用が高くなります。普通の生活を継続でき、離れて暮らしているから毎日安否確認ができるというサービス付き高齢者向け住宅というのも増えて居ます。見た目はマンションでもちろん個室。ご飯は自炊でもサービス付き高齢者向け住宅に備え付けてある食堂で依頼することもできる。もちろん、部屋の中にはナースコールのような緊急で体調が悪くなったりしたときに呼ぶことができる設備も整っています。介護が必要となった場合でもヘルパーを斡旋してくれる、またはそこでケアプラン作成してくれケアをしてくれるところもあります。定期的な見回りで孤独死などが多い昨今でも、早めに対応ができます。今は元気で介護が必要はないけども、これからが心配だというご家族にはサービス付き高齢者向け住宅がおすすめです。

↑PAGE TOP