バックナンバー

介護の有益情報

介護施設にある課題

介護施設を知る~特養とは

  • トップ /
  • 介護施設を知る~特養とは

介護施設の特徴と課題

介護施設のひとつ、特養と呼ばれることもある特別養護老人ホームは入居系施設です。つまり利用者がそこに入居し、そこを拠点として生活を送ることができる施設です。特別養護老人ホームの特徴としては、ひとつには利用期間に区切りがないと言う点が挙げられます。つまり終の棲家としての役割もあると言うことです。その上で、1年中、昼夜問わず、その人に合わせた必要な介護や支援のサービスを受けることができます。また運営は地方自治体や病院、社会福祉法人などによって行われているため、営利目的と言うよりは公的施設としての役割も持ち合わせています。そのため有料老人ホームなどと比較すると利用料金が安めに設定されていることが多く、こうしたことから介護施設の中でも特別養護老人ホームは特に人気を集めています。よって都心部などでは数が不足しており、非常に多くの人が入居待ち状態です。利用に関しては介護保険を利用することができます。ただし一般的には、経済的自立度が低い人や入居しなければならない必要性が高い人から、優先的に入居できるような仕組みとなっています。特別養護老人ホームは数を増やし、安定させることは勿論ですが、これからますます高齢者の数が増加していく日本においては、そこで働く人を確保すると言うのも重要なことです。

↑PAGE TOP