バックナンバー

介護の有益情報

高齢者向けの介護施設

高齢者向け介護施設について

  • トップ /
  • 高齢者向け介護施設について

介護付き有料老人ホームとの違い

高齢者向け介護施設の中でも、比較的軽度から入ることができる施設として、「有料老人ホーム」が挙げられます。そして有料老人ホームは、その種類によってさらに3種類に分かれます。「介護付き有料老人ホーム」は、比較的軽度の方から重度の方まで入ることが可能な施設となっています。ここでは食事・掃除・洗濯・入浴・医療行為など、様々なサービスを受けることができます。「住宅型有料老人ホーム」は、比較的軽度の方を対象とした施設となっています。「住宅型有料老人ホーム」の特徴として、外部の介護サービスを受けられるというメリットがあります。例えば併設されているデイサービスや外部の訪問介護など、自分に合ったサービスを自由に選ぶことができます。また、「住宅型有料老人ホーム」にはスタッフが常駐しており、様々なレクリエーションも行われています。「健康型有料老人ホーム」は、基本的に健康な人を対象とした施設となっています。食事などのサービスはあるものの、介護を受けることは基本的にできません。また設備も、他の有料老人ホームに比べてトレーニングスペースやレクリエーションスペース等が充実しているのが特徴です。有料老人ホームは比較的軽度の方から対象としていますが、その提供されるサービスによって対象者・入居者が異なります。現状はどうか、今後どうしたいかを検討したうえで選ぶことが重要です。

↑PAGE TOP